キクシマ幼保セミナーreport 「子どもが自立する幼児教育とは?」

幼稚園・保育園の施工を数多く手掛けているキクシマは、より良い園への理解を施設の皆様と共に深めるべく、幼保セミナーを毎年開催しています。今年は「子どもの自立」をテーマに2つのセミナーと交流会を行いました。

第一部では、横浜美術館子どものアトリエを創設された三ツ山一志様にお越し頂き、アートが子どもにもたらす力の数々をお話頂きました。第2部では、自立心育成に力を入れ、建築としても多くの賞を受賞した”川和保育園”の設計者、井出敦史様、加藤克彦様に施設のポイントをお話頂きました。

 

両講演とも、なかなか聞く事の出来ない貴重なお話ばかり。皆様の熱心に聞き入る姿が、それを物語っていました。お足元の悪い中、ご参加誠にありがとうございました!また、今回は株式会社アネビー様と株式会社スカイテック様にご協賛頂き、多くの設計者様にもご協力頂きました。そして、交流会で華やかな秋のスイーツまで作って頂いた、ローズホテル様。皆様、ご協力ありがとうございました!

 

【概 要】
◆日程:2019/10/29(火)
◆会場:ローズホテル横浜 2F ボールルームA
◆第1部 「アートを通した子どもの自立心の育て方」
講 師:横浜美術館「子どものアトリエ」創設者 三ツ山 一志氏
◆交 流 展示ブース見学・交流会
◆第2部 「子どもの自立を育む施設」
講 師:ソフト・ハード共に充実した「社会福祉法人共に生きる会川和保育園」設計者
井出 敦史氏(株式会社sum design)、加藤 克彦氏(株式会社テンジンスタジオ)
◆主催:株式会社キクシマ
◆協賛:株式会社アネビー、株式会社スカイテック

一覧へ戻る