キクシマ幼保セミナー「子どもが自立する幼児教育とは?」申込み受付中です!

10/29(火)開催!キクシマ幼保セミナー

「子どもが自立する幼児教育とは?」

情報が細分化し、選択の連続であるこれからを生きぬく子どもたち。
いかに子どもの自立心を育むかが、今後の幼児教育の要となるのではないでしょうか。
私たちキクシマは施設の建設を通して、幼稚園、保育園施設の皆様と共に、より良い園の在り方を学びたいと思い、「キクシマ幼保セミナー」を開催いたします。“遊び”と“園づくり”の2つのセミナーを通し「子どもたちの自立を促す幼児教育」について考えます。無料でご参加頂けますので、ぜひこの機会に足をお運び下さいませ!

 

【セミナー内容】

開 会 主催者挨拶・紹介(14:00~14:30)

第1部 「アートを通した子どもの自立心の育て方」(14:30~15:30)
講師:横浜美術館「子どものアトリエ」創設者 三ツ山 一志氏

“自分の目で見て、自分の手で触れ、自分でする”という子供の自意識獲得を楽しい芸術の場で提供している横浜美術館子どものアトリエ、創設者・三ツ山一志氏をお招きし、「アートを通した子どもの自立心の育て方」についてお話頂きます。

交 流 展示ブース見学・交流会(15:30~16:30)

会場の企業展示ブースにて最新の幼保情報に触れる事ができます。また、前回大好評だったローズホテルオリジナル・秋のスイーツプレートとお茶を楽しみながら、講師や幼保に携わる企業、ご来場者様と交流頂けます。

第2部 「子どもの自立を育む施設」(16:30~17:00) 
講師:ソフト・ハード共に充実した「社会福祉法人共に生きる会川和保育園」設計者
井出 敦史氏(株式会社sum design)、加藤 克彦氏(株式会社テンジンスタジオ)

自立心育成に力を入れ“自分で考え、自分で遊べ、子どもたち”をモットーとし、神奈川建築コンクール優秀賞受賞やグッドデザイン賞受賞など、ソフトとハード共に充実した川和保育園の設計者、sum design井出敦史氏、テンジンスタジオ加藤克彦氏より、「子どもの自立を育む施設」についてお話頂きます。

 

【講師紹介】

第1部 講師
三ツ山 一志氏
(横浜美術館子どものアトリエ 創設者 )
東海大学教養学部芸術学科美術科卒業後、1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年横浜美術館開館前より子どものアトリエを担当。2007年より横浜美術館副館長、横浜市民ギャラリー館長、横浜市民ギャラリーあざみ野館長を歴任。現在<アートの活動が子どもの育ちをどのようにサポートしていけるか>をテーマに活動している。その他、造形教育についての講義指導、執筆等多数。

 

第2部 講師

井出 敦史氏(株式会社sum design)
東京生まれ。建築家。丹下健三・都市・建築設計研究所を経て、井出共治主宰SUM建築研究所へ入所。2010年、sumdesignへ改称後に代表へ就任。

加藤 克彦氏(株式会社テンジンスタジオ)
東京生まれ。建築家。2010年加藤克彦建築設計事務所設立後、2012年にテンジンスタジオとして法人化。

共同設計である「社会福祉法人共に生きる会・川和保育園」では、「2018年神奈川建築コンクール優秀賞」「2018年グッドデザイン賞」を受賞している。

 

 

【概要】

◆日程:2019/10/29(火)14:00~17:00 ※13:30開場
◆会場:ローズホテル横浜 2F ボールルームA
〒231-0023神奈川県横浜市中区山下町77
みなとみらい線元町中華街駅・2番出口から徒歩1分
◆対象:幼稚園・保育園の経営者、運営者、関係者様
◆定員:30名
◆参加費:無料  事前のお申込みが必要となります。
◆申込方法:下記申し込みフォームより受け付けております。
もしくは、お電話、FAXまたはメールにて①施設名②お名前③お役職④参加人数⑤ご連絡先をご連絡下さい。
◆申込期限:10/19(土)まで

◆問い合せ:株式会社キクシマ 担当:大橋
TEL 0120-70-3663  FAX 045-633-3366  mail:oohashi@kikushima.co.jp

◆主催:株式会社キクシマ
◆協賛:株式会社アネビー、株式会社スカイテック

一覧へ戻る