供託金について


■キクシマでは『住宅瑕疵担保履行法』に基づき『供託金』の預入れを行っております。


『住宅瑕疵担保履行法とは?』

住宅品質確保法で定められた10年間の瑕疵担保責任が確実に履行されるよう新築住宅を供給する事業者に対して、資力確保を義務付けたものです。平成21年10月1日以降にお引渡しされた新築住宅(人の居住の用に供する家屋又は家屋の一部)が適用対象となり万が一、供給事業者が倒産した場合等でも、補修費用(構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵補修)の支払いが受けられます。 供給業者に義務付けられた資力確保には『保険(保険法人に保険料を支払い保険契約を結ぶ)』と『供託(自らの資力で瑕疵担保責任に対応する資金を供託所に預け入れる』の2種類があります。 キクシマでは、万が一に備え設立以来の健全経営を基盤に自らの資力により法律で定められた保証金を供託し、お客様の大切な財産を守る資力確保を行っております。 今後も皆様のご期待に真心と技術と健全経営でおこたえして参ります。