建築家とつくるデザインのある暮らし

規格大量生産型の建物から『個へのこだわり』の建物へ時代のニーズが急速にシフトをしてきている今、キクシマは多くの優れた建築家と一緒に、個のライフスタイルにこだわるお客様へ、次代を見据えたご提案をしてまいります。 ライフスタイルとは、単なる「生活の様式」を超えて、その人の人生観・価値観・アイデンティティ(個性)を反映した生き方のことであると考えます。私たちの提供する住宅はあくまでも素材の一つですが、その素材を通して、時代に先行した情報やライフスタイルを提案し、プロデュースしていくことが私たちのあるべき姿だと考えています。 私たちの考える「デザイン」とは意味を持たない美を表現することではありません。そこに施主のこだわりが反映されているからこそ、資産としての価値が生まれるもので、その価値を最大限高めるために、既製概念にとらわれないお客様本位の住宅づくりを追求してきたキクシマにしかできないご提案がきっとあると思います。



土地を活用し、そこから人の暮らしや街の風景を活性化させていく。集合住宅や商業施設の設計コンセプトは「数十年にわたる長期事業として成長をもたらす建設」であることが大切です。私たちは「確かなデザインによる空間づくり」という視点から土地の有効活用や資産としての価値を考えたいと思っています。新しい付加価値のある、創造性の高い空間を生み出すことが、経年劣化による収益減少をカバーするなど、ビジネスを長期にわたり成長させる大きな鍵であると考えます。10年後に違いがわかる…そんなご提案にこだわり続けてまいります。

キクシマのリフォームコンセプトは『リファイン』です。居住空間の改善を通して、より豊かな、より洗練された暮らしの実現をめざします。 これまでの日本の住まいは30年〜40年で建てかえられていました。(※欧米では50年〜70年) しかし、これからはバリアフリーや省エネを考慮し、耐震性能・環境性能を備えることで、次世代にバトンタッチしてゆける住まいに創り変える時代です。家族の歴史が詰まった家を住み継ぐ。既存の建物を自分仕様に変える。「地球環境と人にやさしい」暮らしの実現。それがキクシマのリファイン事業です。

建設予定地に与えられた条件・子どもたちのライフスタイル・保育内容、理念もそれぞれ異なります。だからこそ園舎は、「一般的」ではなく「唯一」であるべきだと考えます。子供たちの毎日の園生活や教育理念などを伝えることから建築家との園舎づくりは始まります。平均的な園舎をつくるのではなく大切な子どもたちにとって最も居心地のいい空間をつくりたい。そう考えた結果、行きついたものは時には先生たちの思惑を超えさらに豊かな環境をもたらしてくれることでしょう。当たり前を超えた「唯一」の園舎から生まれる快適さを実感することこそが建築家との園舎づくりでありブランディング構築の始まりです。キクシマは建築家とのコラボレーションによりリーズナブルなコストで高いクオリティをご提供させていただきます。