川和保育園

長尺シート敷込み完了こんにちは!

遅くなりすみません。

11月もそろそろ終わりです。

先週は勤労感謝の日

気になったので調べてみました!

11月23日は国民の祝日「勤労感謝の日」「勤労をたつとび、生PB270016 PB240096 PB240067 PB240063産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

という趣旨の元1948年に国民の祝日として制定されます。

しかし実はこの勤労感謝の日という名称もその趣旨も、本来

の意味とは全くかけ離れた「偽り」のものでしかなく、

11月23日は決して「勤労に感謝する日」でも「働く人に感謝する日」でもないそうです。

実はこの11月23日という日は元々「勤労感謝の日」でなく

「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる祭日で、非常に重要な

宮中祭祀が行なわれる日でした。

この新嘗祭とは天皇が日本国民を代表し五穀豊穣(豊作であること)

そして命の糧を授けて頂いたことに対する神への感謝を

捧げるための祭り、つまり日本の収穫祭なのです。

天皇だけでなく国民全員も天皇と一体になり、秋の実りを神に

感謝する、日本国にとって非常に大切な一日でした。

現在と違い、当時は国民のほとんどが農家で、新穀(その年に収穫される新米・穀物)

PB220022 PB200021 PB240069がちゃんと収穫できるかどうかは生死に関わることでした。

ですので春にその年の五穀豊穣を祈り、秋にはその実りに感謝

するという風習は、現代では考えられないほどに重要な意味を持っていたのです。 しかし日本は大東亜戦争に敗戦後、日本国内ではGHQによる

日本弱体化政策が始まってしまいます。

GHQは日本国民から、天皇や皇室に関係したものを徹底的に

切り離そうとしました。天皇という絶対的な精神的支柱を失わ

せることにより日本を骨抜きにすることを狙ったのです。

そして天皇と国民が一体であった新嘗祭は宮中のみでの祭祀と

なり、国民からは完全に切り離されてしまいました。

そして11月23日は「勤労感謝の日」という本来の意義とは

PB220028 PB280005全く関係のない内容の祝日に変えられてしまいます。

しかもこの「勤労感謝の日」という名称を考えたのは日本政府

ではなく、アメリカが自国の祝日にこじつけ適当に付けたもの

でしかないのです。

 

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」と

いう如何にももっともらしい趣旨にしても「勤労感謝の日」と

いう名称に合わせて日本政府が考えた「後付け」なのです。

PB210004 鉄骨階段塗装

自分含め若い人たちは本来の由来を知らずに思っている人もいると思うので、

しっかり教えてあげましょう!!では

今週の作業内容のお知らせに移ります!

長尺シート貼り

1F2F造作

2FGLボード貼り

2F軽量鉄骨建込

2Fボード下地処理

内部階段手摺塗装

外部階段モルタルポンプ打設

外部階段モルタルポンプ打設状況 PB270004スロープ部配筋型枠

が主な作業となりました。

外部工事も進んできて、1Fは床仕上げが進み、建具、家具、器具が残り

2Fも今週から塗装に入ります。

気づけば2Fの作業も終盤に迫っていると考えるととても早くて驚きでいっぱいです。

竣工まであと少しここまで災害もなく進めてきてますので、引き続き安全作業を心掛けていきます。

 

ではまた来週!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です